パークで乗ろう!〜ターン&立ち漕ぎ〜

まず、パークで乗る子どもに、何を教えたらいいか分からないパパ&ママも多いと思います。
私もその一人です。

その時の記録と、今から乗り始める方達が「こんな練習させてみたらいいんだ〜」って見てもらえたら嬉しいです。




〜ターン&立ち漕ぎ〜
ターンとは、どこでターンするのか…。
アールとかウォールとかと言われる反り返った場所です。

a0309401_1855782.jpg


(この真ん中に見えるような反った場所)

そこを、最初は座り漕ぎで大きくターンをしていく事からスタートしました。
元々ストライダーでターンをしていましたが、ストライダーの軽さと違って少し難しいようです。
それを練習していると、少しずつ高い場所でのターンが出来るようになります。
ただ、登ったはいいけど高い場所でスピードが落ちてしまうと、そのまま滑ってしまうので要注意です。





立ち漕ぎは皆さんもご存知の普通の立ち漕ぎです。
子どもは立って漕ぐより座って漕ぐのが楽なので座ります。なので、まずはサドルを一番下まで下げました。
そして、ハンドルを気持ち前に倒します。
これで少しずつ立ち漕ぎの練習です。立ち漕ぎはBMXのどのジャンルをやるにも一番最初に出来なくてはならないので、早いうちから出来ると楽だと思います。

また、ストライダーでパークに入っているお子さんにスタンディングで練習させてあげるのも一つだと思います。スタンディングでのターンや下り坂に慣れてると、自然と自転車でも同じように出来たりします。
[PR]
by kidsrider_yugo | 2013-07-06 18:10 | BMX